Music

音楽    M_008
私の好きな音楽の話
♪  ♪  ♪




突き抜けろ!
森高千里 アルバム 「taiyo」 のジャケット


今から10年ほど前、森高千里ばかり聴いていた時期があった。 欧米の音楽をよく聴いていたので、二番煎じの歌謡曲やJポップを自ら聴くことはまず無い。 そんなぼくが、来る日も来る日も森高を聴いていた。 彼女は声量がなく、音程も不安定。 ハッキリ言えば下手くそだ。 作詞は彼女自身が手がけていた。 言葉のセンスに特異性を認めるけれど、小学生の作文のような稚拙さには辟易(へきえき)した。 楽器もドラム・ピアノ・ギターといろいろこなすが、どれも聴くに堪えない。 そんな彼女の音楽をどうして狂ったように聴いていたのだろうか。 あの頃、世の中はバブルがはじけ、日本経済の先行きがまったく見えない状態だった。 ぼくも毎日事務所には出てくるものの、仕事は無く、暗鬱とした不安を抱きながら空虚な日々を送っていた。 不安はボディ・ブローのように、じわじわと心にダメージを与える。 それをなんとか跳ね返すべく、ぼくは雨が降りしきる地上を飛び立ち、厚い雲の上にある、太陽がまぶしい青空に突き抜けて行くことばかり考えていた。 森高にその突き抜けるイメージを重ねて、志(こころざし)だけで生きていたのだ。先に述べたように、彼女は音楽に関しては下手くそで稚拙極まりないけれど、なにより大切な「音楽をやるぞ!」という強い意志を感じさせてくれた。 20代半ばのひとりの女性が、常に自分が主体になり、歌詞を書いてうたを歌い、ドラムをたたいて全国を飛び回る。 恥ずかしながら30代半ばのひとりの男であったあの頃のぼくは、世間からどう思われようと「私は、やるぞ!」という、その彼女の突き抜けようとする意志にしがみついたのである。 彼女がぼくを、雲海を下に見る青空に連れて行ってくれたかどうかはわからない。 ただ、今このように「ある」ということは、あの頃をなんとかやり過ごせた結果であることに違いない。 そういう意味で、今は2児の母という森高千里に、ぼくは感謝している。


♪  ♪  ♪