Music

音楽    M_018
私の好きな音楽の話
♪  ♪  ♪




在りし日の 朝比奈 隆


もうだいぶ前のことになるが、「芸事は理論より年数なんです」というコラムの見出しがぼくの目を惹いた。 その横には「世界最高齢の指揮者」と白抜きの文字がある。それは、大阪フィルハーモニー交響楽団の指揮者・朝比奈隆(1.908~2,001年)を紹介するコラムであったのだけれど、その奇妙な見出しが今でもぼくの心を離さない。 晩年の朝比奈は「マエストロ(巨匠)」などと呼ばれ、絶大な人気を博していた。 ぼくは彼が亡くなる前年にコンサートに行ったが、90歳を過ぎてなお果敢にタクトを振り回す姿は、確かに威厳があり、その神々しさに感動した。
どういうわけかぼくは昔から朝比奈隆に「愚直」という印象を持っていた。 だから、あのコラムの見出しが気になったのかもしれない。 朝比奈の経歴は、「早熟」や「天才」がもてはやされる音楽の世界では異色だ。 学校で法律の勉強をして電鉄会社に勤めたが、辞めてまたその学校に戻った。 本格的に音楽を始めたのは25歳のときであり、まともに指揮の仕事をしたのは40歳を過ぎてからだという。 そのことにやはりコンプレックスがあったのだろう。 「ひとより長く生きて、数多く舞台に出なさい」と敬愛する恩師から送られた言葉が、彼の心の支えであったという。

とても出来ないことだったらともかく、長距離ランナーのように年数かけりゃいいというのは安心しましたよ。 それだったら、自分にもできるかなと思いましたね。 (朝比奈 隆)

「継続は力なり」と言うけれど、別に「力」になどならなくたっていいじゃないか。 「続ける」ということにも意味や意義があるはずだ。


♪  ♪  ♪